【VOD】話題のApple TV+と現行動画配信サービスを比較。未来は荒れ模様?

雑記

2019年11月1日に動画配信サービス開始予定で話題となっているのが、Apple TV+だ。

Apple TV+
Apple TV+では、世界で最もクリエイティブな才能たちが生み出す番組や映画を楽しめます。Apple TVアプリでどうぞ。



更に既存のNetflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、U-Nextに加え、ディズニーからも11月12日には新興VODサービスとしてDisney+がサービスを始めると発表があった。


今後大荒れ模様の動画配信サービス戦争だが、既にレッドオーシャンと化した大海にアップルが参入することで、どのような未来が待っているだろうか?

スポンサーリンク

Apple TV+の特徴

TVモニターでVODを観る人

まずはApple TV+の特徴を挙げてみよう。

オリジナルコンテンツで攻勢をかける

独自配信と言えばNetflixの十八番だ。値段や配信速度で勝負していた各社に、同社はオリジナルコンテンツという強みで勝負を仕掛けた。
結果的にこれは功を奏し、競合の中で差別化を図れたと言えるだろう。

そしてApple TV+もまた、他社で扱わないコンテンツを配信することでユーザーを取り込む作戦に出た。

SEE



ダークファンタジーの期待作品。どこか「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」のような気配を醸し出している。

視力がテーマのようで、登場人物がみな白内障のような症状を見せている。

Snoopy in Space



VODでは、視聴者層にキッズを含めることは命題だ。
多くの両親たちは長時間のアニメーションによって毎日を助けられており、こうした低年齢向け作品を定額でストリーミング可能なサービスは世の子育て世代に大きく支持される。
スヌーピーならばその役割を十二分に果たせるだろう。

またこれ以外にも、HELPSTERSというキッズ番組が予定済み。

Dickinson



女性詩人家の物語。奔放なストーリーと淡い恋の予感を見せる作品のようだ。

女性ユーザーへの訴求性も考慮していると思われる。

予告されている作品数はそこそこだが……

この他にもサービス開始直後から多数の作品がリリースを控えており、当座はドラマ難民になることはなさそうである。

しかしこれらが実際にキラーコンテンツたるかは完全な未知数であり、仮に人気を博す作品が最低でも二作程度は生まれなければ、サブスクリプションの価値があるとユーザーが判断することは難しいだろう。

最も期待感の見えるのが「SEE」であり、これがコケた時のその後は想像したくないものだ。


またライセンス購入による配信は行わないようで、他社との作品被りがほぼ無くなるようだ。
裏を返せば、人気映画を求める層には一切の訴求力が無いとも言える。

格安の月額で攻める

気になる値段はどうか。

月額4.99ドル=600円

なんと月額にして5ドルと、VOD業界では最安値付近での開始となる。
他の動画配信サービスと比べると、

Netflix

800円 1200円 1800円

完全見放題

U-Next

1990円

一部追加購入

Amazonプライムビデオ

Y/3990円(M/500円)

一部追加購入

Hulu

933円

完全見放題

Disney+

740円

恐らく完全見放題

Apple TV+

600円

完全見放題



現在は住み分けが為され、ある程度覇権争いも落ち着いた小康状態と思われている。
しかし11月の同時期に参入するディズニーとアップルによって、この均衡は大きく打ち破られる予感をはらませる。

1年間無料で攻める

アイフォン
新製品を買うと1年間無料パックをサービス

新しいiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVを対象に、購入者には無料パックをサービスする予定になっている。
親和性の高い自社製品を売り出すことでシナジーを狙った姿勢だろう。
大抵のVODでは1か月無料体験がウリだが、その12倍とは恐れ入ったものだ。

また通常契約の場合は、7日間の無料体験となる。こちらはやや短めなので、一抹の不安もある。
使用者のニーズを正確に読み取る内部対策が為されていない場合、ユーザーが無料期間中に上質な体験を得られない可能性があるのだ。
逆を返せば、その点は自信アリ、ということだろうか。

競合他社の動きは?

VOD勢力図

各VOD社から特段のアナウンスは今のところ無い。ひとまずは、1か月の様子見が妥当だろう。

しかし前段の表や特性を鑑みるに、やや雲行きの怪しいサービスも推測出来るだろう。

Amazonは?

Amazonに関して言えば、それほどユーザー減少は考え辛い。

元々宅配サービスに付随した、いわばオマケの要素の強いプライムビデオ。KindleやMusicなど、薄く広い間口でもって獲得しているユーザーが大半と思われる。

反面、コアユーザーが少ないという問題は相変わらずだ。魅力的なオリジナル配信をほぼ持たないAmazonビデオでは、右肩上がりにカスタマーを獲得していくのは困難だろう。

Netflixは?

やや危険信号でないだろうか。

4K画質では月間1800円を要求するNetflixにとって、同じ画質で半額以下のサービスを打ち出すディズニーとアップルは脅威だろう。
選ぶ価値のないSDプランがそれを拍車している。早々にSDとHDを統合して、間程度の値段設定をしなければまずそうに思える。

頼みの綱は、独自配信。他社を圧倒するキラーコンテンツを送り出し続けねば、いずれ奔流に呑み込まれるだろう。

Huluは?

値段設定や独自コンテンツで劣ることとなり、尚且つHuluの弱さは映画方面にある。

元々はドラマを最速に近い速さで配信し、付け加えて追加料金の発生しない良心的プランに定評のあるVODだ。そのぶん映画の配信は遅めで、物量も少なめ。
一応Huluオリジナル作品もあるものの、日本産に偏っているのがかなり厳しい。


Disney+Apple TV+の穴をつくとすれば、やはり人気映画やCATVでアツいドラマの素早い配信だろう。しかしその点で片手落ちとなれば、これはかなり危険信号に思える。

残るはFOXチャンネルがいかに剛腕を振るうかで、Huluの未来が決まるのではないだろうか。

U-Nextは?

U-Nextの最大の武器は、圧倒的な物量と最速配信だ。

他社の約2倍程度のコンテンツを抱える同社は、人気作品を素早く視聴したいというコアユーザーからの支持が多い。ジャンルや生産国も多岐に渡り、カバーする範囲も手広い。

しかし最大のネックは、値段だ。
月額で新興VOD二社の三倍程度を要求し、尚且つ最新作では別途料金を要する。
コスパを天秤にかけられると、かなり厳しい戦いになりそうだ。


ちなみに、巷でやたらU-Nextを推した記事が多いのは、アフィリエイトのキックバックの高さに起因する。

真紅に染まるレッドオーシャンの未来は

海に漂うサメ

ここからは完全な余談。
値段で他社を押す手法の行く先に、何が待っているのか?

飽和状態を迎える

世界中でVOD市場(サブスクリプション業界全体もだが)は現在も新規ユーザーを獲得し続けているが、いずれそれも頭打ちが到来する。

なぜなら人間の使い得る時間はみな等しく24時間であり、その中をやりくりしてドラマや映画を観ることになるからだ。
どんなに大量のVODと契約を結ぼうが、同時に観れるのは一作品に過ぎない。人間の限界を超えるような視聴方法が確立されない限りは、これは必定だ。

やがて一定数のユーザーが新規参入したところで業界全体のカスタマー数は平行線に近いものとなり、分母の変わらない数取り合戦が行われることになる。
これは現在の、自動車業界によく似ている。

価格競争が始まる

牛丼一杯、~~円!
ハンバーガーおひとつ、~~円!



日本でもかつて、常軌を逸したような価格競争が行われた。その結末は周知だろう。


分母数の変動しない顧客の奪い合いは、いずれ低価格をウリにするという方向へシフトする。

前述したように、飽和状態でカスタマー数は増えようがない。
民衆の胃袋の総容量が”低価格”だからといって広がったりはしないように、VODを観る目も四つや六つに増えることはないのだ。

失われていくクオリティ

コスト減のしわ寄せはVOD社内へ響くだろう。
圧倒的な削減を余儀なくされ、誰しもが疲労感を漂わせて仕事をするようになる。
それは配給会社や制作チームにも及ぶかもしれない。

そうなれば、高品質なユーザー体験を得ることは難しくなっていくに違いない。

空座を狙う新興勢力

仮にどこかの媒体がギブアップしたとする。

それで他社が、「ああ、少しラクになった」と感じる前に、素早く空いたイスを掴みに新参が現れるだろう。
そして繰り返す、我慢比べ大会。

まとめ

月額600円と、最安値付近
新製品購入で1年間無料パックをサービス
オリジナルコンテンツの魅力は未知数

Apple TV+の特徴は以上のように。

11月からの各社動向は、VODユーザーならば要チェックだ。

コメント