【映画】メメント/超難解ストーリーを徹底解剖【考察あり:ネタバレ注意】

サスペンス

記憶が10分おきに消える男の復讐サスペンス映画、Mementoをレビュー及び 評価、感想、解説、考察。

スポンサーリンク

あらすじ

妻を強姦殺人されたレナード。彼は遂に事件の犯人であるジョン・Gを追い詰めると、銃弾にて全ての幕を下ろした。

しかし彼には致命的な症状がある。それは妻の事件で負った頭部の損傷により、記憶のストレージが10分間しか保てないことだ。
その為彼は自身の記したメモとポラロイド写真、或いは身体中に刻んだタトゥーで直前の出来事を把握するしか方法が無い。


物語の結末から始点へと遡る内に、事件のあらましが徐々に姿を現し出す。

逆順

座席に銃弾を置く

かなり変わった手法でストーリーは進行する。

基本的に各エピソードはジョン・G殺害の冒頭から遡ることになり、逆順だ。
一方で合間に挟まれるモノクロームのエピソードは正順にて進むことになる。
このふたつの同時進行するエピソードの時系列がいずれかの段階で合致した時に、あらゆる謎が解かれる仕組みになっている。

この難しい進行手順に、おそらく初見の一度きりで全てのシーンの意味合いを探り出すことは、かなり困難だろう。可能ならば逆順の部分を正順にて見直すことで、深い理解を獲得出来ると思われる。

ストーリー構成は正解

こうした進行方法をややこしいと否定することは、この作品の根底を揺るがすことになる。
メメントは間違いなくこの手順で描かれるべき映画であり、またレナードの患う症状も同じく必須のファクターである。

この部分を面白いと思えるか否かで、本作に対する評価の具合は大きく異なると思われる。

疑心暗鬼

レナードにささやくナタリー

レナードの病状を知る者は多く、登場人物の大半がこの事実を己のいいように利用する。
その為あらゆる場面で嘘と真実が入り乱れており、レナード自身はもちろん、観ている我々にも何が真実かを揚々には判然とさせない。

特に中盤から終盤にかけてのエピソードでは、数分前とその後で語る事実がころころと入れ替わる。暗澹たる闇の中で、湿ったささめきが四方八方から耳を擦るような感覚だ。

これは主観視点たるレナードがその実、我々にとって最も信用出来ない人物であることに起因する。
彼は自身のメモ以外で10分以上前の出来事と現在の整合性を取ることが出来ない。如何に我々が嘘や食い違いを把握していようと、彼にはそれを暴く術がないのだ。


混乱と疑惑漂う物語。嘘つきは誰だろうか。

サミー

回想の中のサミーとその妻

モノクロームの回想としてたびたび現れる、サミーのエピソード。レナードがまだ健康で保険調査員として働いていた頃に出会ったこの男は、どうやら現在の彼と同じ症状を患っていたらしい。

この回想を逆行する現在と交互に挟むことに、次第に我々は疑問を持つだろう。
レナードが置かれた現況とサミーの事柄には、おおよそ関係性が見出せないからだ。
だがしきりに彼はこの男の病状について語らい、その虚偽を確かめた過去をつぶさに思い起こす。

のちに明らかになる事の真相だが、驚きの真相が待っている。
サミーとレナード。同じ病状を抱える彼らの共通点に着目しておこう。

悲壮

燃えた写真

作品を見進めていく中で筆者に生じた感情の大部分が、レナードに対する同情と憐憫であった。
真相を知りたいと願うよりも、延々と同じことを繰り返す彼に対しての強い憐れみが勝った。


このどうしようもない復讐心に満ちた男には、永遠に時の回廊を彷徨い続ける未来しか訪れない。誰もが人生という奔流へ向かって前に進み続けている中で、彼だけが同じ場所で足踏みをしている。

その上、彼がその事実に気付けないのが更なる悲劇だ。また周囲の者たちも、真に彼を気遣い、親身になることはない。
10分間を繰り返し続けるレナード。メメント・モリが、彼を救う日は来るのだろうか。


感受性の強い方には、やや陰鬱とした印象を残すストーリーになるだろう。
元気な気分になりたい時に見る映画ではない。

評価

謎好きには伝説的な一作



優良ミステリー映画。謎解きファンや、クライムサスペンス好きにも刺さるだろう。
多くの方に勧められる作品だった。

★★★★☆
四つ星の優良作。
メメント (字幕版)
メメント (字幕版)




以下、考察及びネタバレ注意。






並べ替え

殴られるジミー

逆順で語られたストーリーを、正順に戻してみよう。

サミーとの出会い

保険調査員として働いていたレナードが、サミーの調査を行った。
モノクロの回想とは異なり、テディによれば彼には妻はなく独身であり、また病状を騙った保険詐欺師であった。

これをレナードは聡く見抜き、保険金支払いを拒否。

強姦事件

レナードの妻が、自宅に押し入ったジャンキーふたりに強姦される。
レナードはひとりを射殺するが、もう一方に襲われた際に記憶ストレージ部に損傷を受けた。

妻はこの時生還しており、殺人には発展していない。

闘病

記憶が10分間しかもたないレナードに妻は、疑いと絶望を同時に抱いた。

そこで糖尿病のためのインシュリンを用いて彼を試し、その結果彼の抱える病状が真実であるという証拠と引き換えに、自身の命を支払った。

彼女にとってレナードとの”繰り返す生活”は耐え難く、その真偽を確かめるために命をベットすることに迷いはなかった。

改竄

自らの手により妻を失ったレナードは、ショックから本来は無事であったはずの記憶部の改変を無意識に行う。
妻を殺めたのは強姦犯であり、また自身が妻へと犯した罪はサミーの過去へとすり替えた。

これにより心の均衡を保ったレナードだが、しかし同時に妻を殺害した犯人へ、復讐の鉄槌を下す使命を同時に課された。

テディとの出会い

刑事として勤めていたテディは、強姦事件を担当していた経緯でレナードの病状を知る。
彼は強姦事件で生き残った片割れであるジョン・Gの居場所を特定すると、レナードに殺害させる。

犯人への報復を終えたことでレナードの病状がある程度改善されることを予想していた彼だが、やはり10分後に記憶は消えた。

そうしてもうこの世に存在しない男、ジョン・Gへの復讐劇が始まってしまった。

打算

一度は善意で復讐を手伝ったテディだが、延々と慈善事業に付き合うのは彼にとって負担でしかない。
であるならば、ある程度うまみのある人間の殺害をレナードに実行させれば、自身は手を汚すことなく大金をせしめるという、一挙両得を思い付く。

そこで新たなジョン・Gに符合する、麻薬ディーラーのジミーに目を付ける。テディとレナードは何度かこの麻薬ディーラーと顔合わせを済ませており、ある程度の信用を勝ち取ることに成功した。

しかしレナードのエビデンスにはジミーに関しての記録は一切無い。これは写真やメモを先方が拒否したことに起因するだろう。

殺害

20万ドルぶんの麻薬取引を持ちかけたテディは、廃屋でジミーとレナードを鉢合わせる。
目論見は上々で、首尾よくレナードは彼を殺害し、ジャガーのトランクにも現金がたんまりと入っている。

ここで復讐劇は一旦の終わりを告げたかに見えたが、テディの思惑通りにことは運ばなかった。
彼はジミーをジョン・Gと認識することなく、またテディに対しての疑惑も浮上させてしまったのだ。

テディの嘘

レナードは、ジミーの服とクルマを奪ってテディを置き去りにする。
やがて記憶のリセットが行われた彼は、メモに書かれたタトゥーを新たに刻む。

なんとかキーを見つけ出してレナードに追いついたテディだが、廃屋で殺人を犯したレナードの記憶が既に消えていることに気付く。
状況的に、いつジミーの相棒が追っ手として迫るか分からぬ、逼迫した状態だ。

ここでテディが警察と自称することにメリットは薄く、逆に疑いを増すことになる。
何故なら現時点で喫緊の課題は、着替えとクルマの破棄だ。
刑事がこのような要求をする不自然さを隠すため、ここでは敢えて情報屋と名乗った。


またここでテディが語る「悪いデカ」とは、概ね自分自身を指した疑似的な自白に近い。

ファーディーズ・バー

ジミーのジャケットから出て来たコースターのメモを自分宛と勘違いしたレナードは、ナタリーの勤めるバーへ向かう。

彼の身に着ける上着と車からひと目でジミー殺害を確信したナタリーは、ひとまず自分の手元に彼を置くのが得策と判断。
これはジミーの相棒、ドッドからの追求を躱すためだ。20万ドルを持ち逃げした片棒を担いでいると疑われれば、彼女の命は無い。

またある程度レナードの病状をジミーから聞き及んでいたナタリーは、これを活用することで活路を見出すことを閃く。

追跡

ドッドによる追跡で、レナードは補足される。モーテルのフロント係は麻薬カルテルと通じており、彼の居場所を密告した。

テディがフロント前で、

ギャメル刑事?

と聞かれた際に、怪訝そうな顔をしたのはこのためである。
迂闊に刑事である素性が明かされれば、麻薬取引に差し支えることになる。


ドッドをモーテルにて昏倒、捕獲したレナードは、テディに連絡を入れた。

ナタリーへの報告

ジョン・Gと関わりの無いドッドを殺すように仕向けたのがナタリーであると考えたレナードは、真相を問いただしに彼女の家を訪れた。
ドッドによる脅威が去ったと考えた彼女は、本来であればこの時点でレナードへの用事は無い。

にも関わらず彼女は、わざわざ車検局の友人からナンバー照会を経てジョン・G=テディの情報を引き出した。

テディ死亡

新たなジョン・Gを仕立てる算段を立てているテディだったが、まさかレナードのエビデンス上で自分への疑念がこれほどまでに高まっているとは考えていなかった。

結果的に自身が第三のジョン・Gへとなったテディは、銃弾でツケを払うことになる。

その後

サングラスをしたナタリー

描かれていないその後の顛末だが、これにはナタリーの一見して無償の奉仕に見えた、テディの情報を入手したという場面から推察可能だ。

彼女がテディ殺害を目論んでいたとするならば、何が目的だったのか?

純粋な善意説

これは考えられない。
本作はレナードと、それを都合の良いように操る者たちを描いた作品だ。

これに例外はなく、全ての人物が彼を食い物にしようと画策している。
ナタリーだけが例外と考えるのは、前後の事実関係から鑑みても、些か無理がある設定だ。

ジミーの復讐説

この説も疑わしい。そもそもジミーのジャケットを羽織っていたレナードが直接の実行犯であることは疑いようもなく、ならば標的とすべきはレナード以外に居ない。


また、ジミーに対してそこまでの愛情を持っていた様子が見えないのもポイントである。
彼らはビジネスパートナーとしての一面がより強く、愛し合う男女の関係とは呼べなかったのではないか。

横取り説

20万ドルが消えたことは、ドッドからの詰問で彼女は理解している。ならばレナードとその協力者がこれを保有しているのも明白だ。

記憶の保てないレナードを傀儡として操作することは造作もないが、テディの存在はナタリーにとって邪魔以外の何者でもない。
ならば丁度手駒としての扱いに慣れて来たレナードを操り、体よくテディという協力者を殺させるのは至極当然だ。

この説以外で、

タイプじゃない

と言った男に、ここまで執着する理を説明することが出来ないと思われる。
打算以外で動く人物は、ひとりとして居ない。


残った20万ドルは、すべて彼女の懐に入る。

メメント・モリ

メメント・モリのイメージ

タイトルである、「メメント」とはいったい何だったのか。

これは、

メメント・モリ



というラテン語の一部を持ってきたものであり、この言葉の意味として、

・いつ死んでも悔いの無いようにしろ
・どんな立派な者でも、突然死ぬこともある
・貧民も王族も、死神の前では等しいひとりに過ぎない



概ねこういった趣を指す言葉である。

等しい死を意味するこれは決してネガティブなワードではなく、前向きな人生のための教訓として語られることが大半だ。

主に戦地へ赴く輩や、位の低さに嘆く農夫たちを鼓舞するために広く提唱された過去がある。

神の国では皆が等しく救済され、分け隔てはない。楽園の約束された未来を思えば、現世の苦しみなど耐えられぬはずがない。



こういった概念で語られることが多い。
中には死神の無慈悲さを説くこともあるが、それは単純な一面しか映していない。


では本作におけるメメント・モリは、どういう意味合いで用いられたのか?

永遠に訪れない救済

永遠にメメント・モリの訪れないジョン・Gと、それを追う死神レナード



これがタイトルの回収になる。

既に三人目のジョン・Gへ復讐を遂げたレナード。しかし10分後にはその記憶も風化するだろう。

誰もが約束された救済の恩寵を、永遠に受け取れない虚構のジョン・Gと、下される必要の無い裁きを無限に繰り返す、死の神レナード。


彼自身がメメント・モリを受け取るその日まで、無間地獄は続いていく。

電話の相手

モーテルで電話を受けるレナード

モノクロームの正順ストーリーで、レナードが電話する相手は誰か。

これについては二通りの解釈が可能だ。

電話の相手:テディ

出かけるレナードとテディ

当然ながら、筆頭はテディになる。

レナードの持つ捜査資料は虫食いになっているとはいえ、ある程度の真実を含ませた書類になる。
またこれを提供したのはテディ以外に居らず、よって電話口でエビデンスを読み合わせながら話を出来る人物も彼以外には居ない。


タトゥー店で情報屋を自称した際にも、「悪いデカ」のペルソナに選んだのは自分自身だ。
そこで彼は、

君をモーテルに入れて
電話をかけ続け ドアの下に封筒まで



モーテルに部屋を取ったのも、電話をかけて封筒を渡したのも自分である、と自供したようなものだ。


更に決定的なのは、モノクロでラストのエピソードだ。

モーテルの入り口で合流することを電話口で伝えたのはテディであるとしっかり示されており、疑いの余地は無い。

電話の相手:レナード自身

奇妙ではあるが、電話の相手が自分自身=幻聴であった可能性もある。

またこれは上記テディ説と混在した可能性もあり、一概に全ての相手を特定するのは困難だ。


色濃い根拠として、電話口の相手方はかなりレナードの事情や妻の事件に精通している節があること。
およそ部外者では知り得ない事実を持つのに、自分以上の存在は居ないだろう。

また電話の相手が、レナードの知っている事実を再確認はさせるにしろ、彼の知らない事実を提供していないのもポイントだ。
耳にしていない事柄は、語ることもまた出来ない。


この説の強い部分が、やたらとサミーの過去を言及する部分になる。
これはレナードが自分を騙し、過去を改竄するために必要不可欠なキーになる。


かつてナチスでプロバガンダの天才と言われた、ヨーゼフ・ゲッベルスはこう残したとされる。

「嘘も100回言えば本当になる」



終わりに

読解にはそこそこハードな面の見える本作。
深読みも可能で、楽しい時間を過ごせるだろう。

メメント (字幕版)
メメント (字幕版)

コメント