【映画】人生の動かし方/前科者ヘルパーと四肢の麻痺した男【ネタバレ:レビュー】

ヒューマン

実話を基に描かれたフランス映画、Intouchables(最強のふたり)をアメリカ版にリメイクした作品、the upsideをレビュー及び 評価、感想、解説。

スポンサーリンク

あらすじ

大金持ちのフィリップは、四肢の麻痺を抱えた実業家。ある日彼の事務管理員イボンヌは、フィリップの身の回りの介助を行う生活支援者を募集する。
その報酬額や彼の知名度に惹かれ、多くの希望者が殺到する中に、ひとりだけ場違いな男が紛れ込んだ。

彼の名はデル。刑務所での懲役刑を終えて、先ごろシャバに出たばかりのごろつき。

保護観察プログラムの一環で求職活動中であることを観察員に示すことになった彼は、ともかく職を得るためでなくサインを書類に貰うためだけにフィリップのマンションを訪れていたのだ。

100人の候補者の中で最も見劣りする彼だが、何故かフィリップは気に入ったと言い、彼を雇うようにイボンヌに命じた。

こうして前科者と大金持ちの、奇妙な共同生活が始まったのだった。

デル

面接を受けるデル

フィリップの生活支援者。

懲役を終えて社会復帰したばかりで、檻の中に居る間に妻と子の心を失った。二度と悪事に手を染めたくないという思いと、妻子に償いたいという気持ちがあるようだ。

介助者としての経験は全くなく、初めは誰もが長く雇われ続けないと思っていた。
だが偏見を持たない曇りのない眼と、瞳の奥に秘めた知性をフィリップは見抜いていた。

フィリップ

面接を行うフィリップ

多くの分野で成功を収めた大金持ち。愛称はフィル。
四肢が麻痺しており、首より下は動かすことが出来ない。普段は電動車いすを顎で操作して動き回っている。

デルと共に生活する内に、次第に明るく快活な本来の姿を取り戻していく。

笑いを忘れず

電動車椅子で街を滑走するデルとフィリップ

笑いといっても様々で、大笑いから愛想笑いまで、その側面は多種多様だ。

この映画は、多くのほほ笑みを我々にくれるだろう。ハッパを吸ってホットドッグを爆買いしたり、改造した車椅子で街中をかっ飛ばしたり。

何不自由無い資産を持ちながら、身体だけは自由でないフィリップ。彼の暗く縮こまった心が少しずつ溶けていくさまに、柔らかく暖かい気持ちにさせられること間違いなし。


多くの場面で笑顔にさせられる本作だが、シリアスであったり悲しみに暮れる場面も存在する。
物語に緩急を与えるこれらの出来事が、ドキュメント映画でありながらもきちんとエンターテイメントを忘れていない。

フィリップの過去

妻の死を語るフィリップ

フィリップにとって最も辛い記憶は、身体の自由を失ったことではない。
妻の死だ。

彼の亡き妻に対する思いは、毎夜彼を苦しめる。どうしようもないやるせなさなのに、それを発散するにも身体は思うように動かない。

彼の慟哭と告解のシーンは、胸を打たれる。誰しもが似たような苦い経験を過去に持っているだろうから。

彩り過ぎない

車椅子でパラグライダーを行うフィリップとデル

実話ベースの映画であるという特性上だとしても、ラストを感動の一幕で下ろしたいという気持ちは常に存在するだろう。
その為印象的で感動を呼ぶシーンをラストエピソードとする傾向は多くの映画で取り入れられる。

しかし本作では、敢えて彩り過ぎない道を選んでいる。
実際にはもっと多くの涙を誘うような出来事や、悲しみの淵を彷徨うような描写を選べたはずだ。
だが作品を逆に陳腐化させかねないそういった「やり過ぎ」な演出を敢えて封印し、分かりやすい感動劇に落とし込まなかった。

たいへん好感の持てるやり口だったように感じた。

デルという救い

手袋をはめ指を指すデル

フィリップの支援者が、前科持ちの黒人であれば誰でも良かったはずがない。
これは彼以外に務まることのない、特別で唯一のポジションなのだ。

現実でどうだったかは不明だが、彼の語り口は乱暴でも下品でなく、多くの作品で描かれる「元囚人」とは異なる。フィリップが「知性がある」と評したのはこういう一面も含めてだろう。

絵を描いたり、オペラを楽しんだり、ダンスをしたり。
彼のひょうきんで明るく、裏表のない性格はきっとフィリップにとってかけがえのない宝物になっただろう。

評価

普段から血生臭い作品ばかり見ていると、ときたま出会うこういった作品によって心が大きく揺さぶられやすい。

万人向けにお勧め出来る作品だった。

★★★★☆
四つ星の優良作。
Amazon.co.jp: 人生の動かし方 (字幕版) [4K/Ultra HD]を観る | Prime Video
デル(ケヴィン・ハート)は失業中の元囚人。子供との面会も思うようにできない状況だ。そんな彼が首から下が麻痺している大富豪フィリップ(ブライアン・クランストン)の介護人の面接を受け、なぜか採用されてしまう。これに不満を持つのはフィリップの気難しい助手イヴォンヌ(ニコール・キッドマン)。住む世界が違うデルとフィリップだった...

コメント