【映画】ル・コルビュジエの家/一番キライな人を決める映画【ネタバレ:レビュー】

ヒューマン

隣人トラブルを描いたヒューマン映画、EL HOMBRE DE AL LADOをレビュー及び評価、感想、解説。

スポンサーリンク

あらすじ

椅子のデザインで富を為した、デザイナーのレオナルド。

ある日彼は、何かの打音で目を醒ます。ハンマーのようなそれは、どうやら隣家から聞こえるようだ。
音の元を辿ると驚くことに、隣人宅の壁に大きな穴が空いているではないか。

隣人ビクトルは、どうやら窓を作りたいらしい。
だがレオナルド宅の窓と向かい合うそれは、明らかな法令違反。
また娘や妻のプライバシーを守るためにも、なんとか窓の作成を阻止したい。

かくして強面の隣人ビクトルとの静かな闘いが始まった。

ネタバレ概略

ネタバレストーリー
  • 1.
    打音
    ある朝奇妙な打音で夫妻は目覚めた。音を辿るとその元は、隣家の住人が自分の家の壁をハンマーで壊しているところだった。
  • 2.
    中止
    隣家のビクトルは明り取りのために、窓を付けたいと言った。
    しかし対面する窓は違法であるため、家主のレオナルドはそれを中止してくれるように説得することに。
  • 3.
    続行
    ビクトルは瓦礫が落ちないようにカバーをして、その中で壁を壊し続ける。
    夫にきつく中止を求めるように言う妻のアナ。
  • 4.
    話し合い
    ビクトルはレオナルドをバーに誘い、何とか窓を作らせてほしいと頼む。
    強面なビクトルに面と向かって断り切れないレオナルドは、曖昧な態度を取った。
  • 5.
    拒絶
    窓を塞ぐ費用をもつことで、なんとか中止を訴えるレオナルド。
    ビクトルはしつこく中止を求める彼に折れ、無理に窓を作るよりは友人でいようと言った。
  • 6.
    再開
    やはり窓作りを再開したビクトル。
    レオナルドは彼の叔父を呼び付け、その場に居ないビクトルへ向け、「中止しないと逮捕させる」と強く言い含めた。
  • 7.
    怒り
    レオナルドの家を訪ねるビクトル。彼は知的障がいを持つ叔父を恫喝したレオナルドへ向け、「次にやったら殺す」と宣告し、窓を諦めると言った。
  • 8.
    覗き
    夜間に話し声がするのに気付いたレオナルドとアナ。
    彼らは窓枠だけが開け放たれた隣家の壁から、ビクトルとその恋人が逢瀬を重ねるのを覗き見てしまう。
  • 9.
    脅迫
    解決の難しくなったことで、レオナルドは懇意の弁護事務所へ相談を入れる。
    彼は法的手続きよりも、家を失わせるという恫喝で決着をつけてやる、とレオナルドを安心させた。
  • 10.
    遅延
    窓騒動で仕事の捗らないレオナルド。新しいデザインにも遅延をもたらしてしまう。
  • 11.
    無効果
    弁護事務所から電話があったことをレオナルドへ告げるビクトル。
    彼には脅しは全く効果的でなく、逆に弁護士をやり込めて来たという。
  • 12.
    提案
    大きな窓でなく、高い位置に明り取りの横長窓を付けることを提案するレオナルド。
    ビクトルはこれに賛成し、さっそく窓を作り変えることを約束した。
  • 13.
    拒否
    折衷案が締結されたことを妻に報告するレオナルド。
    しかし妻は、「ともかく窓を作らせるのは絶対にやめさせろ」とこれを一蹴したのだった。
  • 14.
    義父
    板挟みでバツの悪くなったレオナルドは、義父の名前を使って「窓が気に入らないようだ」とビクトルへ言う。
  • 15.
    パーティ
    自宅で行うパーティへ友人を招待した夫妻。ところがその中には、恋人として同伴したビクトルの姿があったのだ。
    意図せず、揉めている隣人を自宅に招き入れてしまうアナ。
  • 16.
    強盗
    夫妻の留守中、自宅に強盗が入る。一連を見ていたビクトルは、夫妻の娘を救うために家に入り、ショットガンで彼らを追い払う。
    しかし去り際に強盗のひとりが、彼の背中を銃撃した。
  • 17.
    放置
    自宅に戻ったレオナルドは、事の顛末を知る。
    しかし彼はビクトルを救急で助けることなく、その場に放置して死なせた。
  • 18.
    結末
    そして窓は塞がれた。

OPがセンスの塊

壁をハンマーで叩くオープニング

ぶっ叩く内側と、徐々に破壊される外側。
一定のリズムで行われる打音がいつしかクセになっている。
50:50で表示されるこのOPに、ド肝を抜かれるようなセンスを感じた。

エンドロールが印象的な映画はそこそこあるが、OPに釘付けになる映画は意外なほど少ない。
大抵、どんな情景だったか思い出せないものが大半になる。

が、この映画のOPは恐らく、生涯忘れ得ないようなインパクトを残した。
特に打音がほぼ完ぺきに一定間隔であるのがポイントで、これだけでひとつの音楽を形作っていると呼べるだろう。

使用しているのは本物のハンマーと思われる。振るった者はさぞかし大変だっただろう。
彼の費やした労力に称賛を贈りたい。

隣人トラブル

壁の穴から挨拶するビクトル
隣人とトラブルになる



現在進行形の方には、字面を見るだけで胃の痛い話かもしれない。
実際世界中どこでも、こうしたご近所トラブルというものは存在している。

  • クルマや楽器の騒音
  • 子供の泣き声や遊ぶ音
  • 挨拶の有無
  • ゴミ分別
  • 境界線の主張



書き出すだけでも嫌な気持ちになる。

概ねこうした問題は弁護士等に相談しても、法的な解決を勧められない。なぜなら一旦お裁きが下ろうとも、遺恨は残り続けるからだ。
住みやすさ”を追求して法に訴えたら、逆にもっと住み辛くなってしまうケースが多いという。

よって多くは話し合いによる解決を求められ、そしてこじれたまま数年~数十年を経ることが大半とも言われる。
直近のニュース等でも、嫌がらせを何十年も受け続けた被害者の話は記憶に新しい。


今回、アルゼンチンの法に照らすとビクトルは誤っていることになる。

しかしレオナルド一家がそこへの苦情の付け方を誤ったのも一因。
法を盾に拒否、拒否、拒否。これでは対等な話し合いとは呼べないだろう。


こじれにこじれていく両者。これを見守るのが本作の醍醐味ではあるものの、面白い反面、ちょっと苦しくも感じてくるのは皆同じではないだろうか。

カーテン文化が無いのが原因

隣り合う物件と窓が隣接すると違法、なんていう法律を聞いて我々日本人は驚かざるを得ない。
こんな理屈を用いたら、都心部や市街地のアパートはことごとく取り潰しを余儀なくされるからだ。

日本の家庭では、窓に対してもれなくカーテンをセットにしている。
大概の家で、夜間はこれを閉じる。なんなら昼から閉めっぱなしのご家庭もあるほどだ。


しかし欧米、特に南米や自然の多いエリアの文化として、あまりカーテンが好まれていないという事実がある。

一部では、

カーテンを使う=やましいことがある=タフな男じゃない



このよく分からない方程式でマッチョイズムを掲げる者もおり、閉めていないカーテンにすら、「女々しいヤロウだ」と舌打ちしたりも見られる。


またカーテンを使わないどころかガラス張りの装飾を好む者も多く、夜間は丸見えだ。


が、「自宅の中=完全なプライベート空間」という図式が同時に成り立っているため、

自宅を覗かれる≠自分に非が有る
自宅を覗かれる=覗くのは悪い奴



このような意識が大半と思われる。

作中でビクトルがしきりに自分を「変態じゃない」と言うのもそのためだ。

また逆に、ビクトル宅を覗いたレオナルドとアナは100%非のある変態として描かれていることになる。

誰がいちばんキライ?

教え子にきつい態度を取るレオナルド

つまるところこの作品、

「どいつが一番ムカつくんだ?やっぱビクトル?それとも意外性で娘か?」



ウキウキでこう問いかけているように思えてならない。

しかしこういった趣向は嫌いではない。
知人から聞いた隣人トラブルの話などは、物見遊山効果もあって想像以上に酒の肴になりがちだ。
幸せな話を延々聞かされるよりも、ちょっと不幸なぐらいが一番盛り上がるのは周知だろう。


人づてに聞いた噂話を映像化したかのような本作において、勝手なジャッジを入れるのもまたお約束。脳内井戸端会議方式で、一番ワルそうな人を勝手気ままに決めつけよう。

「やっぱり旦那さんがハッキリしないのがねぇ……」
「奥さんもちょっとどうかと思うわ」
「でも始まりはお隣さんでしょう?」



個人的にはアナがいちばんワル。

評価

映画というより近所のお茶会感



驚くような伏線もトリックもないのに、なんだか面白く感じる不思議な一作だ。

★★★★☆
四つ星の優良作。
Amazon.co.jp: ル・コルビュジエの家(字幕版)を観る | Prime Video
ブエノスアイレスの州都ラプラタ。椅子のデザインで世界的に大成功をおさめたデザイナーのレオナルドは家族とともにクルチェット邸に住んでいる。それはアメリカ大陸で唯一、かの世界的建築家ル・コルビュジエが設計した私邸。まさに人生の成功の証である。ある朝、ハンマーの破壊音で...

コメント